ポイ活で10万円稼ぐマニュアル≫

【通信費節約】格安SIM+楽天モバイルで爆安の使い放題回線を手に入れよう!

トク丸

・通信費を安くしたい
・楽天モバイルってどうなの?

そんな悩み、疑問を解決します。

今や一人一台が当たり前になったスマートフォン。

通信回線もその数だけ必要となり、大きな固定費として家計にのしかかっています。

ドコモ、au、ソフトバンクの3大キャリアで契約している方は、毎月5千円~1万円以上を支払っている方も多いはず。

格安SIMを使う方法もありますが、安く済ませるためにはデータ通信量を抑えたり、混雑する時間帯には通信速度が遅くなったりと万能ではありません。

そんな中、格安SIMの弱点を補える「楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)」という救世主が登場しました。

この記事では、格安SIMと楽天モバイルを使ってデータ使い放題の爆安回線を手に入れる方法について解説します。

このやり方をしらないまま高い通信費を払い続けると、絶対損しますよ!

目次

格安SIMのメリットとデメリット

格安SIMとは

格安SIMとは、ドコモやauなどのキャリア(MNOとも呼ぶ)以外の会社が提供している格安の通信サービスです。

格安SIMを扱っている業者はMVMOと呼ばれ、キャリアの通信設備を「借りて」サービスを提供しているため、通信エリアも提携しているキャリアと同様になります。

格安SIMのメリット

格安SIMを契約するメリットは、なんといってもその価格の安さです。

3大キャリアの平均的な通信費は7,000~8,000円であるのに対し、格安SIMでは2,000~3,000円。

乗り換えることで節約できる通信費は月5,000円、年間60,000円にもなるんです!

契約プランもデータ通信量を選ぶだけなのでシンプルでありながら、自分の使い方に合った通信量を選ぶことができるので無駄がありません。

格安SIMのデメリット

一方、格安SIM最大のデメリットは、通信速度の不安定さです。

基本的にキャリア回線の一部を借りているだけなので、平日の通勤時間帯や昼休みなどには通信が混雑しやすく、通信速度が著しく遅くなってしまうことがあります。

通信速度の安定性は選ぶ格安SIMによって差が大きいところがあるため、注意して下さい。

おすすめの格安SIM

格安SIM選びで最も重要なのは、通信速度の安定性です。

通信速度は料金などと違って比較し辛いものであるため軽視されやすいですが、ここで失敗すると絶対に後悔しますから、以下のおすすめを参考にして信頼できるものを選びましょう!

  • Y!mobile 格安SIMで最速と言われており、最もおすすめ。料金はやや高い。
  • UQ-mobile 通信速度はY!mobileに次ぐレベル。料金プランが少ないが料金は安い。
  • mineo 通信速度は及第レベルだが、料金プランが豊富で安い。3大キャリア全ての回線から選べる。

楽天モバイルを今すぐ契約すべき理由

楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)とは

2020年4月、第4のキャリアとして楽天がMNO事業に新規参入し話題となっています。

その新サービスが楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)。

データ通信使い放題で月額2,980円という、他キャリアよりも圧倒的にシンプルかつ低価格なプランを打ち出したのですが、大注目されている理由は現在実施中の新規入会キャンペーン

なんと、月額2,980円が1年間無料です!

通話料は別途ですが、「Rakuten Link」という通話アプリを使用することで無料となります。

初期費用として3,300円(税込)がかかりますが、対象のスマートフォン購入や紹介制度を利用することで、初期費用分以上のポイントを得ることが可能です。

更に、契約縛りがなく解約金も無料

このユーザーにとってメリットしかないキャンペーンを見逃す手はありません。

楽天モバイルの超お得なキャンペーン

プラン料金1年間無料

文字通り、通常2,980円かかる月額利用料が1年間無料となります。

先着300万人、1人1回線限りのサービスです。

紹介制度でポイントプレゼント

Rakuten UN-LIMIT 契約中の家族・友人などからの紹介で契約すると、紹介者は3,000ポイント、紹介された人は2,000ポイントがプレゼントされます。

紹介者側は5回線までがポイント付与対象なので、最大で17,000ポイント(2,000ポイント+3,000×5ポイント)をゲットすることが可能!

周りに紹介してもらえる楽天モバイルユーザーがいない場合、筆者から紹介コードを送ることもできますのでご希望の場合は問い合わせくださいね。

機種代金の割引・ポイント還元

楽天モバイルでスマホ本体を購入する場合に、各種割引・還元があります。

対象のAndroidスマホ購入で、最大15,000ポイントが還元

対象機種やポイントは頻繁に変更されており、突然キャンペーンが終了してしまう可能性もあるので早めに申し込みましょう。

過去にRakuten miniが一括1円という特大セールが開催された際には、申し込みが殺到してサーバーが繋がりにくくなりました。

\1年間無料でテータ通信使い放題/

(注)楽天モバイルへの「乗り換え(MNP)」はおすすめしない

トク丸

月額0円でデータ通信と通話がし放題なら、楽天モバイル一本でいけば1年間は通信費タダですよね!

しおた

確かにそうですが、現状それはおすすめできません。

楽天モバイルは自社で通信基地局を持った「キャリア」のため、格安SIMよりも通信速度には期待ができます。

しかし、まだ開設から間もないために天災などのトラブル時にどのような障害が発生するか、また通信障害が発生した場合の対応などに実績がないため不安があります。

少なくとも月額0円で利用できる1年間は、乗り換えではなく新規回線で契約して様子を見たほうが無難でしょう。

格安SIM+楽天モバイルというソリューション

ここまでの内容を踏まえると、

  • 格安SIMへ乗り換え。データ通信量は1GB程度の少ないものを選ぶ。
  • 楽天モバイルを新規契約。

という「デュアルSIM」体制が、安さ・快適さ・信頼性を兼ね備えたソリューションと言えるでしょう。

デュアルSIMとはひとつのスマホに2枚のSIMを挿して使用することで、最近の機種であれば多くの製品が対応しています。

持っている機種がデュアルSIMに対応しているかどうかは、事前に確認ください。

SIMカードスロットがふたつあるスマホの場合

ふたつのスロットに格安SIMと楽天モバイルSIMを挿入することで、デュアルSIMで使用可能です。

iPhoneの場合

iPhoneにはSIMスロットがひとつしかありません。

しかし、iPhoneXR以降の製品であればeSIM(SIMカードを必要としない電子SIM)という機能が備わっており、nanoSIMとeSIMでデュアルSIMにできます。

eSIMを取り扱っている事業者は国内では少ないですが、楽天モバイルは対応しているので問題ありません。

デュアルSIM対応スマホを持っていない場合

残念ながら持っている機種がデュアルSIMに対応していない場合でも、対応策はあります。

それは、Rakuten miniとの2台持ちです。

Rakuten miniをテザリングでモバイルルーター代わりに使用すれば、使うスマホはそのままに楽天回線でデータ通信を行うことが可能です。

2台のスマホを持ち歩かなければいけないのはデメリットですが、Rakuten miniは3.6インチ、79gと超小型なのでそれほど邪魔にはなりません。

まとめ:格安SIM+楽天モバイルで爆安の使い放題回線を手に入れよう!

この記事では、格安SIMと楽天モバイルを併用することで「データ通信使い放題の格安回線」を手に入れる方法について説明しました。

この方法では、格安SIMと楽天モバイルでお互いの弱点を補うことを目的としているので、

  • 格安SIMは通信速度が遅いから使いづらい
  • 私はYoutubeをたくさん見るから、データ使い放題じゃないと嫌だ

といった理由から、これまで格安SIMを避けてきた方にもおすすめできます。

もう、スマホに毎月7,000円、8,000円かけるような時代ではないですよ。

期間・数量限定のキャンペーンですから、通信費を安くしたい人は急いで楽天モバイルへ申し込みましょう!

\1年間無料でテータ通信使い放題/

 

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる